スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、開始の合図とともに走ろう

怒濤の一週間の幕開けです。
要するに遊ぶ予定ばかり。
土日も勿論ですが、月~水まで卒業旅行に行ってきます。場所はあそこです。お迎えのアナウンスが森川さんのところ(笑)
木は、懐かしのメンツで集まる日で、金は大学に行ってきます。

アンケートご協力ありがとうございます。設問の言葉不足のためにニュアンスが伝わっていなくて頭を抱えているものが一つありますが、訂正するにもいい言葉が思い浮かばないのでそのまま続行です。ああ、でも必須からははずすと思います。

予想外に多くの方に参加いただけて感激のあまり小躍りしそうです。きっとすぐに足の小指を壁にぶつけて違う意味で悶絶しますが。

一つ、気になるメッセージをいただいたのでその方がごらんになっているかはわかりませんが、ここで答えたいと思います。

彩雲国の「不器用な優しさ」は、2話で終わりとなっています。尻切れトンボとなっておりますが、一応「不器用な優しさ」はあれで終わりです。
ものすごく今更ですけど、彩雲国の方の小説は、基本的に一話完結で、長いときは小分けされています。時間軸、といいますか、上から下へと話の進行順に並んでいます。
連載というよりも「連作」「シリーズ」といった方が正しい彩雲国の小説ですが、現在は「青空~」がはじめの話で最新話は「繋ぐ扉の謎」です。

密かに彩雲国のシリーズ名募集です。今のところ私の中での名称は、「青空」とか「ワスレナグサ」です。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。