スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一年…!!

皆さんは、先日の参議院選挙に行かれましたでしょうか。
私はもちろん、行ってません。だって、有権者ではないので。
来年からようやく、大人の一員です。

政治に耳を傾け始めて、いまだによくわからない部分もいっぱいあります。
でも、最近ディベートとかを重ねているうちに疑問もいくつか湧いています。

最近やって面白かったディベートの一つ。

・18歳を大人にするか否か。
入門演習で行ったディベートです。
国民投票法案で、18歳にも国民投票の際に権利を有するということから、民法で定めるところの「成人」を18歳に引き下げてもいいのか、それとも、選挙のみ、18歳にも選挙権を付与するかどうか。
ということをディベートしました。

以下の内容は、まだ法律も少ししか触れたことのない大学生の話し合いの中身ですので、真に受けないように。


結論からいうと、このディベートでは、成人年齢の引き下げに賛成:選挙権のみの比率は2:1といった感じでした。ちなみに私は後者。

18歳でも、学校に通わずに税金を納めている方はたくさんいらっしゃいます。なのに、未成年だからという理由でその方々に選挙権は存在しない。
社会に身を置くものの一員なのに、その社会に参加できないというのは不平等である。憲法の定める法の下の平等に反するのではないか。
という意見もあったり。

18歳というのは微妙な年で大学生も含まれれば、高校生も含まれる。
そもそも昨今の若者というのは、「周りがこうするから自分もこうする」という流されるタイプが多い。
そんな彼らに選挙権を付与すれば、変なことが起きるのではないか。
だけど、そもそもそういうタイプは面倒くさがって、選挙にはいかないし、行くとしたら、政治に興味がある人だけだろうから、全体の有権者数の割合から考えればそうたいした悪い影響はないのではないか。


のような話も出まして、私はそれらを聴いていて思ったのは、いまの若者に対する政治教育が海外に比べて遅れているということでした。
思えば、政治について、特に選挙制度について学んだことって、何を学んだかおぼえていますか?

反対意見があり、その中で語られた内容は、いまの国民の政治への関心の低さ。それに伴う、無責任さでした。お前、本当に同い年かよとつっこみたくなるほどの説得力のある意見でした。

日本は二院制で、衆議院が国民の民意を反映しやすいから、参議院より優越されていて、衆議院は何年、参議院は何年で、総数は何人で……。
そんなことばかり。制度しかやっていません。
政治の本質……は、わたしもまだわかりませんが、肝心の自分たちのかかわり方については触れていない気がします。

ひとりひとりの票の重み、選挙へ参加することの意味。
政治社会で使われる言葉の意味、政治への判断能力。そもそも政治への関心の高まり。
それらが全く育っていません。そりゃ、意欲のある人は授業なんか聞かなくても、自分で調べます。でも、それでは「教育」の意味がない。

慰安婦問題での論述を書いていて、確かに嘘かも知れない。
けれど、歴史学者がきちんと根拠をもって、採用している証言もすべて拒否する。
そもそも、日本の過去の暗い部分を必死に覆い隠そうとする。
そういう、いまの日本のあり方に疑問を持っています。

若者よ、いま立ち上がれ!的な感じですが、とりあえず、自民惨敗ばんざーい。
私も与党には批判的です。
でも、これで民主が第一党としての責任を果たせないと国民の政治不信・無関心はもう歯止めが利かなくなりますね。
でも、そもそもさ。野党で、民主以外が結構少ないと感じたのは私だけでしょうか……。
もういっそのこと、二大政党だけでいけばいいのに。そうしたら、みんな投票しやすいよ。(安易な考え)

そもそも、時のGHQは一院制にしてしまえといったのに対して時の内閣(?)が二院制にしてくれと言ったのはいいが、ぶっちゃけ衆議院の優越ですべてが崩れている気がしないでもない。

いっそのことさっさと内閣不信任案が可決されちゃえばいいのに。
今の政権の支持率だと、ふつうは続行不可能なはずなのにね。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。