スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雨の降り注ぐ中

頑張って書いていたら全部消えました。
ショックで書く気も消えました。

とりあえず、ようやく企画夢アップです。
リクエストを頂いた順にアップしたかったのですが、書きあがった順でアップしていきます。というわけで、最初は彩雲国が多いかも。

今夜もチャットルームに出現予定です。

明日は沙紗さんとカラオケ
明後日は樽生さんと朝霧さんと沙紗さんと遊んで♪
その次の日は部活に行って東京行きの予定を聞いて
その次の日は東京行きの準備して
その次の日はバスに揺られて東京行って
遊んで、演奏聴いて、打ち上げ行って
月曜日に帰ってきます。
そのまま4日間集中講義。

うーん、広告取りの電話いつしよう?

ということで、以下はちょっとオリジナルキャラについての考察です。
ここ数年、オリキャラというか主人公につける名前に妙に拘っていました。

特に拘っていたのは
明良(あきら):神子さまといっしょ
有紀(ゆき):彩雲国物語 青空の下で
曙未(あけみ):遙かなる時空の中で3 明烏

明良。
明らかを良しとする。

有紀。
紀には、道という意味があるから、道が有り。

曙未。
未だ曙ず。(あけず)あけぼのはまだ、こない。

という意味が込めてあります。
小ネタ日記に出てくる逆転裁判のヒロイン、筒深稔莉は音で決めてあります。
みのりをつつみこむ。

一番考えてつけた名前は稔莉と曙未ですね。

明烏は、読んで字の如くの意味から取ったので、夜明けを告げる烏。明烏の声を未だ聞けない、彼女。
篠崎曙未は、まだ闇の中。というコンセプトからいまだ、あけぼのはこず。→いまだ、あけず。曙未です。

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。