スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩踏み出した時

うぅ…。書いていた記事が全部消えました。

本日のバイト終了しました。
頑張って卒業まで続けたいと思います。続くかなぁ…。時給安くても、やっぱり精神的に楽だから、がんばりたいです。

ようやく、「よし、何か書くぞー!」と思ってパソコンの前に座れました。
何から書こうかなぁ。とりあえず、彩雲国の原作沿いを書いて、schiettamenteを最初から書きなおして勢いで続きを書きたいです。
一話書き終わって休憩すると、続きが書けなくなってしまうんですよね。

schiettamenteをある程度書いたら、BASARAに移りたいと思います。意外と、ノリと勢いで書いた現代佐助が好評なようで、続きは何書こうかなぁと浮き浮きしています。
読みたいシュチュエーションありましたら、教えていただけると喜んで書きます!!というか、話の流れをそっちに持っていっていいのかな?

ふと、「青空~」の鳳珠と絳攸は彼が仕官する前から面識はあったはずだよな。と思い。
ある日突然、有紀(デフォルト)が「私、絳攸と結婚します!」と言いだしても、「黎深が義父になるんだぞ!?」とか言って黎深さま関連で止めはするだろうけど「あんな男私は認めん!」とか言い出すことはないだろうなぁと思いました。絳攸のことは、官吏としてはまだまだ対等には扱ってくれなくても、人間としては認めてくれているかもしれない、と。原作の鳳珠様は知りません(笑)
けれど、「私、楸瑛殿と結婚します!」と言ったら、速攻で「考え直せ!!」と言いだすと思います。止めるし、妨害すると思う。黎深と一緒になって何度も何度も妨害工作に出ると思う。
最終的にヒロインが怒りだして、渋々認める気がします。定番なパターンですが、うちはたぶんそれが一番しっくりくる気がします。
まあ、ヒロインはあまり楸瑛のことが得意ではないので、万が一にもそんな可能性はありませんが。

最終的に落ち着くところまで行くと思われるヒロインたちは、あまり少ないですよね。恋愛色薄いなぁ…。
TOSは一つもなし。
TOAは…、アゲハ蝶と、傍系主ぐらい?
彩雲国は上記の通りで。
遙かは、明烏は景時とひっつく予定ですが、短編主は相手なし。パラレルでBASARA世界に飛んで幸村というオチもあったりしますが。
4は、移り往く~はアシュヴィンの嫁にならないと物語が始まらない。
BASARAは、戦国Ver.は温めていますが、時間とネタと根性が続かないので、掲載予定は小ネタ日記のみです。一応幸村オチで。

アゲハ蝶は、いつか書きたいと思っているエピソードですが、所謂晩婚に入るのか入らないのか。世継ぎは生まれるのか!とか、その辺が書けないので、未だに手が出せません。ちょっと、手が出しにくい話題なので…。誰かネタ提供望みます。
傍系主は、そこまで書いていいのか分からず、書いていませんが。書きたいです。
書く予定はないですが、私の中では皆さんの予想通りガイと結婚して、生まれた子供と、ナタリアの子供が許嫁になります。キムラスカ王室の血を守りたい場合ですけど。理想は、アッシュが生き延びてナタリアと結婚すれば、ルニアは何も気にせず嫁げるんですよね。
傍系主はもっといろいろ書きたいです。原作沿いは無理でも、虫食いな感じでがさごそことは。


では、以下は拍手(3/5)返信になります。

3/5
(真田さん家シリーズすきです。おチビ幸村がかわいいくて!!~)の方
#真田さん家シリーズを読んでくださってありがとうございます!勢いとノリと愛だけで書いた作品ですが、一度も苦情がきていないことに安堵しています。気に入っていただけてよかったです。現代佐助も読んで下さり、重ねてお礼申し上げます!続き、どんなのが読んでみたいか教えていただけると調子に乗って書いてしまうと思います。そのうちネタが煮詰まり次第アップしますね。またお暇な時にでも遊びに来てください!
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。