スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みたい!

刻印の魔女
「刻印の魔女」を今読んでます。他にもいっぱい借りてるのに、何故かこれから(笑)
本屋さんで、「大賞受賞!」とか書いてある帯の「光降る精霊の森」を途中まで立ち読みして、なんとなく気になっていたら、学校の図書室に「光降る~」と「刻印の魔女」が入っていたんですよ。
借りにいったらこっちしかなかったので、こっちを借りてきました。
まだ途中読みなのですが、ビーンズとは違う感じで好きです。
やばい、C.Novelsにはまりそう・・・。


でも、和製ファンタジーを読んでいるとどうしても読みたくなるのが、荻原先生の「西の善き魔女」と

童話物語〈上〉大きなお話の始まり童話物語〈下〉大きなお話の終わり

宣伝しているのではなくて、ただ表紙を見れるのが嬉しいからです(笑)

ある日に一気に上下巻を読んだ「童話物語」ですが、
性格の悪い女の子と、世間知らずの妖精というありきたりの話なのに、妙に心に残ります。
・・・この本の感想は前にも書いた覚えがありますが・・・。
好きな本なのに、自分の所有物にはないんですよねー。今度買ってこよう。

終わりがけにぼろぼろ泣きながら読みました。

これも荻原先生の作品同様、某イラストサイト様にイラストが載っていたので気になって読んだというなんとも変な入り方です。
でも、あのサイト様に乗っているイラストの小説って、はずれがないような気がするのです。というか、テイルズに興味を持ったのもそのサイト様がきっかけなので、下手したら今こうやってサイトを持っていなかったかもしれないんですよねー。
ハリポタも荻原先生作品のキャラもあのサイト様のイラストじゃないと受け付けられないなんとも変な体質に(笑)

こうやって考えると、そのサイト様に出会ったきっかけはハリポタだから、ハリポタにはまらないとこうならなかったという(苦笑)

だから、「どろぼうの神様」も読みたいなぁー。
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。